<   2005年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

息子の友達

今朝、息子のブログをこっそりみたら、なんだかそうとう落ち込んでいる模様。
そか、、、バイオリンは最後の友達だったんだね、、、。

で、どうしようと、あれこれ考えているうちにお昼もすぎて、
なんだかんだやっていると、
「今から友達二人家につれてくから。おやつよろしく。」の電話。
高校の友達がうちにくるのは初めて。
慌ててポテチなどセブンイレブンで買ってくる。

それから間もなく、チャリンコをとめる音がして、
「おじゃましま〜〜す。」の声。

二人ともなんて普通の男の子!!かわいい!!
小さい頃から空気読みながら自分のポジションを自分でセッティングしてきた子供達。
自信にあふれてて余裕すらある15歳、ほんと驚異!!
すてき!!!!

で、私はまたしても祈るだけ。
どうか、わたしの愛する息子を理解してやってください、嫌にならないでください、
傷つけないでください、教えてやってください、、、、。

自信のない嘘つきな息子が、でも、なによりいとおしい46才の母
それが2005年の私の夏なんだ。へ〜〜。
[PR]
by yyymotot | 2005-07-15 22:30 | Diary

『のだめカンタービレ』

息子が、Pachelbelのカノンをバイオリンで今週中に弾けるようになるらしい。(突然、そう宣言された。)
カノンなんだからメインのフレーズが弾けるようになれば大丈夫、そんなに果敢なチャレンジでもない。

なんてことはない、『のだめカンタービレ』っていう漫画の影響で、久々にバイオリンを弾いてみたくなったらしいのだ。
、、、、わかる、、、、。
私もそれ読んで情熱を取り戻したもん。


○『のだめカンタービレ』
『のだめカンタービレ』の「のだめ」ってのは、「野田恵(のだめぐみ)」って言う主人公のニックネームで、別に「駄目」っていう意味はない。だけど、いろいろ問題が多い人で、周囲からは理解されにくいし、ダメな判定を下されがち。
『のだめカンタービレ』は、そんな彼女と、その才能をいち早く見いだした俊才、早熟、読解力の帝王みたいな指揮者(を目指す男)とのラブコメディ&ジリツ物語。

この漫画の主人公の「のだめ」ちゃんは、いまんとこまだ真剣に楽譜を読まない、っていうか、読む必要がないと思ってる。
耳がよくて、曲を聞けば一発で覚えちゃうっていうタイプ。
これは、うちの息子そっくり。
彼は耳で聞いて曲を弾く。
(わたしはそれができないから楽譜と首っ引きなんだけど。)
彼は、彼が聞いた音を奏でようとする。
わたしは彼がきいた音楽を聴かないで、
それが楽譜と違うってことばっかりいってたような気がする。

、、、、、どんどん反省する××。。


というわけで、
ただで手には入るPachelbelのカノンの楽譜をいろいろ調べています。
4重奏の楽譜ではチェロ伴奏はめっちゃ簡単。
これじゃ、退屈してしまいます。
バイオリンとチェロ2台だけで劇的カノン楽譜情報がありましたら、
どうぞ教えてくださいませ。
[PR]
by yyymotot | 2005-07-14 00:31 | Books