エイズ問題

帚木蓬生『アフリカの瞳』
南アフリカ共和国で医療に従事する作田医師が蔓延するエイズ禍の真相に迫る感動的サスペンス。



 ところで、アフリカのエイズ被害の認識はエドワード・フーバー著『The river』(BBSのアフリカ特派員であったフーバーによるポリオワクチンHIV汚染エイズ起源説。)(1999年刊)に遡る。
 フーバーの説は、刊行後すぐにあらゆる科学雑誌や専門家から攻撃される。専門家たちがトンデモ本として無視できなかったのは彼の説が膨大な調査と資料に裏付けされていたからだ。(ネットをいろいろみていると、専門家たちの素人分析に対する態度がいかに冷徹で、残虐かよくわかる。素人なのに、少しわかった風な口をきくととんでもないことになる、、、こともあるみたいだよ。ありがちなこと?)

 結果的に、フーバーの説はただの仮説でしかあり得ないということにおちついた。でも、『Nature』などの権威的科学雑誌や専門家がたった一冊のジャーナリストの本に反論する為これほどのエネルギーを注いだことは相当異例のことだったらしい。
なぜ、彼らが一斉にフーバー説を叩きのめしたのか。その立論の過程がアナボコだらけだったから?あるいは膨大な調査や資料が科学を擬態しているように思ったから?確かにそういう部分もあっただろうけど、科学者ではないジャーナリストの推論に対してその反応は大げさすぎない?

フーバーの本に専門家たちが過剰に反応したのは、実は、それが、モラルの問題だと直感したからではなかったかとか、思うよ。世界で起きているとても悲惨な現実と科学のモラルとの問題を彼らに問うていたから、それを無視するため、その問い自体を無意味なものにしなくてはならなかったのではなかったのか。腰抜けじゃん。

『The River』は、ポリオワクチン起源説を展開しながら、数字とグラフでアフリカの現実を浮かび上がらせる。
アフリカでだけ、なぜ、これほど、エイズ禍が広がってしまっているのか。植民地化された後の、奴隷の供給地となった後、その地はなにを失ってきたのか。植民地化され、奴隷となり、差別された人々が、結局どんな暮らしをしてきたのか。
こういうリアリティとアフリカのエイズ禍が実は密接に結びついちゃっていたりすることが、フーバーレポートから読み取れちゃう。エイズの起源より、もっと深刻なリアルな問題。

でもって、帚木蓬生『アフリカの瞳』だ。
実はね、アフリカのエイズ問題もニュースで聞くぐらいしか知らなかった。
この本を読んで、いろいろつながったよ。
ニュースで見るアフリカのエイズ問題



そういえば、この小説の中で、知的所有権とエイズ薬の扱いについての話が出てきてた。HIVからエイズ発病を遅延させるための薬開発のためには莫大な投資が必要。その投資を上回るリターンを確保するのは当然だとして、それが回収された時点で苦しんでいる人たちには無料提供もありじゃん、それが企業ってもんじゃないの、、、っていう話には、感動した。
なんか、winny問題も同じ?
ソフト開発者たちの利益は損なわないし、才能にはお金出しても全然平気。だけど、それで潤ったら、それ以上もうけないでもいいよ、みんなであそぼ、って感じ。
そんな風になったらいいのにね。


クリックしてくれたらありがとう。→→Blog Ranking
[PR]
by yyymotot | 2004-07-06 23:03 | Books
<< 悲しみのIT貧民 10億分の1の男 >>