スプーン曲げあるいはおいしい水

『砂漠』    伊坂幸太郎 実業之日本社 
ファン待望、著者一年半振りの書き下ろし長編。(帯いわく)

自分が念じたフレーズを他者に語らせることができるっていう超能力をもった青年の話が前作の『魔王』。今回、『砂漠』ではスプーンを曲げる超能力者が現れる。
二つの小説の中で示される超能力は個人を際立たせる刻印として使われるけど、でも、それが展開のメインになったりはしない。
でも、こんな会話を登場させて、コー様ファンをしびれさせる。


P231
 「超能力を否定する人たちってのは、超能力以外の別の物も否定しているような気がする。」
 「以外のものってたとえば、何ですか、北村」
 「たとえば、そのスプーン曲げをしている人の人生とか」
 「人生。ときたか」と藤堂が言い返してくる。
 「それから、それを見て、すごーいって喜んでいる人の感性とか、そういうのを全部否定している、そんな気がする。偉そうに。」

そう、●●を否定するっていうことは、●●を肯定している(信じている)人の人生を否定していて、そういう感性も全部否定しているってことなのだ。つまり、●●を肯定している人の存在自体を否定したがっているようにどうも聞こえてしまう事が多いってこと。

実際、●●を肯定する人を否定した人は、その人が●●を肯定しているその部分だけじゃなくて、その全人格を否定したがっている事が多いのだと思う。
なぜ、彼が●●を強烈に否定するかといえば、彼が●●を肯定する様な価値と対局な価値を信奉して生きているからにすぎない。


それはそうと、水問題ってのがあるらしい。
水に優しい言葉をかけると化学変化を起こして?おいしくなるっていう説を唱える一派がいて、さらにそういう人たちをとても問題にしている一派がいるそうだ。
そんなアホなと私は思うだけだが、問題視している派は必死である。
彼らは、おいしくなる説を唱える派の論拠をことごとく科学的に論破したけど、それでもそれを信じる人たちがいて、なんでよ〜、って思うらしい。
また小学校の先生にエー話やなと信じる人が多くて、それも彼らを悩ましているらしい。
彼らに言わせれば、学校というのは科学的な知識や思考を身につけさせなくてはならない場なのに、センセがインチキ実験を鵜呑みにしてどうするんじゃ、っていうようなことなのだろう。
言われてみればそのとおりなんだけど、センセ達の切実な問題って多分全く違う次元なんだよね。
学校の先生はいつもなんとか(こども)をコントロールしようとしなくちゃならないと考えていて、それがなかなかうまく行かなくなってきて、どうしていいか解らないでいる時、「言葉がけ」によって水が変わるって言われたら、そりゃ、とびつくよ。こどもに言葉をかける事はやっぱり相当有効そうだ、っていう風に帰結したいのだと思う。なんつーか、教師としての実存的な琴線に触れるんだよね、「言葉かけ」っていう行為自体が。
もしかしたら反省も込められているのかもしれないし。

ま、小学生高学年ぐらいなら、おいしい水派センセの高揚を敏感に察知してこどもらしい計算高さで同調するポーズをとる小学生もいるかもしれないけど、彼らはセンセたちのような動機はないので、たいした影響を受けるとは思えないのだけどね。当然、教師に無視されるより「言葉かけ」された方がこどもは嬉しいし。


お天道様に恥ずかしくないように自らを律し、お水をおいしくさせるように他者に語りかける、それは、それで良い話だとおもう。実際に、科学的な知識や思考が身に付いて、それを社会で活かしていく生徒ってもしかしたら、一握りなのでは?


ところで、キクチというおいしい水征伐派の学者さん?が、mixiでおいしくなる信奉者と一生懸命対話しようとしたログがどこかにあってそれを見たことがあったんだけど、それはとても気持ちのよい対話でした。
彼は、おいしくなる派になぜそう信じるのかって問いかけていらっしゃって、おいしくなる派の人の回答にものすごく誠実に応答なさっていて、ちょっとカンドー的でもありました。
(でも、mixiではない彼のhpには、征伐派同士でのヤレヤレ会話が相当見られて、それはそれで面白かったです。)

結局、●●を信じるとか●●を否定するとか、そういう話ってどうしても対立的な論調になってしまって、殺伐としてしまうわけで、どうやれば、そういう話を回避しつつ、なぜ●●を信じたり否定したりするか、って言うところを考えながら話を進めていくと、相手の言い分も相当理解できたりするのではないかと。
もちろん、理解されて、ああ、これは相当教養がない奴やなとか思われたりしているわけでしょうが、それでも、形式上は和やかな対話が進行して、すみ分けが進んで無駄な憎悪を感じる事が軽減されるわけで。
[PR]
by yyymotot | 2005-12-23 00:29 | Diary
信じたくない、嘘だよね。 >>