『さまよう刃』東野圭吾

ついでに『さまよう刃』東野圭吾
妻の死後宝物の一人娘を底抜け未成年動物男たちにレイプされ殺害された父が、仇討ちしようとする話。
完全に現実の違和感が再現される。こんなことあったよな、、、ぐらい普通な展開。
でも、現実が現行法のジレンマを乗り切れないように、やっぱり同じようにやり切れなさが残る結末。
読後感の悪さが、さらにリアル。
リアルな展開って確かに問題意識を提示するけど、少年法関連について、現状との乖離とか、そう言うのを盛り込めばええのに、とつい、思ってしまう欲張りな読者でした。
[PR]
by yyymotot | 2004-12-28 22:50 | Books
<< 『笑いの祭典ザ・ドリームマッチ』 『航路』 コニー・ウィルス >>